お仕事

訪問看護ってどんなことするの?

訪問看護ってどんなことするの?

病院やクリニックでしか勤務経験がない場合、
訪問看護師の仕事内容について
ほとんど知らないことが多いと思います。
実際に働いてみて感じたこと、
また利用者の家族として感じたことについて
お伝えしたいと思います。

助産師れよママ
助産師れよママ
病院で過ごしている姿よりも、よりその人らしい姿を感じることができるやりがいがある職場ですよ

訪問看護のお仕事の内容

訪問看護とは名前の通り、病院ではなく
生活をしている場所に訪問し
必要な看護を提供すること
です。

現在、病院は病床数が減少していることや
高齢化の影響を受けて
自宅で療養している人口が増えてきています。

そのため、訪問看護のお仕事は
今後多くなってくる
と考えられています。

基本的には訪問看護ステーションに在職し
そこから利用者さんのところに訪問して
必要な看護ケアを提供する流れになりますが
派遣などで単発での訪問看護のお仕事もあります。

多くは、訪問介護も利用している利用者さんとなるので
メインとなるのは医療ケアや看護ケアです。

例えば・・・

・点滴の実施や採血
・人工呼吸器やバルンカテーテルなどの医療機器のチェック
・褥瘡などの処置や服薬管理
・健康状態について変化がないか観察

といったところがメインになってきます。

もちろん、それ以外にも

・保清ケアやおむつ交換
・食事介助や経管栄養の投与

などの基本的ニーズを満たしていくこと、

そして、

・利用者さんや家族の方の思いを知り
必要なアドバイスをしたり
精神的なサポートを行うこと

も重要な仕事となってきます。

訪問看護のお仕事の特徴

看護ケアを提供する場所の違いが
もっともおおきいですが
それはつまり、医師や他のスタッフのサポートが
ない
ということです。

基本的に、利用者さんのところへの訪問は
1人で行いますので
医師の指示のもとではありますが
自分自身で判断し実践していかなければなりません。

ですので、基本的なケアが1人前でできるようになってから
訪問看護を実践する方がいいでしょう。

助産師れよママ
助産師れよママ
新卒ですぐに、は難しいかもね。

また、家なので物品も不十分だったり
持参する必要があります。
利用者さん自身の負担になるものがほとんどなので
節約してものを使ったり
点滴台の代わりにハンガーにボトルを下げてかけたりと
利用者さんや環境に合わせた
臨機応変な対応や発想も必要
となります。

また、24時間医療スタッフがそばにいる病院と違い
利用者さんとその家族で過ごしている時間が
ほとんどなので、
利用者さんやその家族に対する
訪問がない時間のアドバイスなど
教育的なアプローチが必要な場面も多くあります。

訪問看護の働く側のメリット

訪問看護は基本的に日中に実施するので
夜勤がありません。
(オンコールなどはある場合が多い)

また、1人の利用者さんに対して
ゆっくりと関わることができるので
やりがいがあります。

給与も病院勤務と比べると
高給なことが多いです。

訪問看護の働く側のデメリット

移動手段として車の免許が必要な場合があります。
また、自転車での移動の場合
天候によっては訪問時の移動が
なかなか大変
です。

自分1人しかいない場面での
看護ケアの提供は責任が重く感じるので
とても緊張します。

利用者の家族として感じたこと

正直に申し上げて、看護師さんごとに
すごく対応が違うなぁと思います。

訪問時間が決まっているので
その時間内にできるケアを
たくさん考えてくださる看護師さんもいれば
絶対にしないといけないことだけやって
少し早めに切り上げる看護師さんもいました。

家族としては、ケアが上手かどうかよりも
(というより、下手な人は基本いない)
どれだけ本人に関わろうとしてくれているかが
大事
なんだと、つくづく感じました。

まとめ

病院で働いていて、バタバタしているばかりではなく
ゆっくりその人らしさを感じながら
看護していきたいと思う場面もあるかと思います。
そういった方は一度、訪問看護に出てみると
自分がしたい看護が見つかるかもしれませんね。