お仕事

病院以外にもある?看護師・助産師の働く場所は?

病院以外にもある?看護師・助産師の働く場所は?

新卒では多くの看護師・助産師が病院に就職したと思います。
でも看護師、助産師はもっといろんな場所でも
働くことができます。
どんな場所で働くことができるのか
今まで様々な働き方をしてきた私がご紹介します!

助産師れよママ
助産師れよママ
自分に合った働き方で生きられる方が楽しいよ!
今日お伝えしたいことは・・・

1.看護師・助産師の働く場所は?
1)病院(大学病院、総合病院、専門病院)
2)クリニック、診療所
3)訪問系(訪問看護ステーション、訪問入浴など)
4)児童系(保育園、幼稚園、放課後デイサービスなど)
5)ツアーナース、添乗看護師
6)医務室、救護室
7)行政(保健所、保健センターなど)
8)介護系(特養、デイサービスなど)
9)企業系(治験看護師など)
10)学校系(看護学校や助産学校の教員、研究職)
2.まとめ

1.看護師・助産師の働く場所は?

1)病院(大学病院、総合病院、専門病院)

多くの看護師・助産師はここで働いているかと思います。
病院の規模や診療科の内容は病院や地域によって様々です。
医療技術を身につけていきたい
様々な診療科で働きたい人には向いていると思います。

また、他職種とに関わりも多く
チームで働いているという感じが強くあるかもしれません。

人事異動などで自分の意図しないタイミングでの
業務変更が起こり得ます。

2)クリニック、診療所

病院よりもベッド数が少ないので
外来業務と病棟業務を兼務することになったり
看護業務以外のことも
自身ですることが多くなる
傾向にあります。
ex)器材の洗浄、滅菌や病院内の掃除、受付業務などなど

部署が多くあるわけではないので
退職しない限りは
同じような業務内容で働き続けることができます

また、脱毛クリニックや美容クリニックなど
美容系に特化したクリニックでは
多くの場合、本格的な医療技術は必要ありません

3)訪問系(訪問看護ステーション、訪問入浴など)

必要とされる利用者の元まで伺って
看護や介護を提供する訪問系のお仕事では
老年期の方が多いですが
障がい者の方や疾病を抱えている方への
訪問を専門にされているところもあります。

基本的に夜勤がないところが多いですが
オンコールがあることが多いのと
運転免許が必要なところもあるので
確認が必要です。

訪問看護では看護師1人での訪問となることも多いので
アセスメント能力が必要です。

助産師れよママ
助産師れよママ
慣れるまでは一緒に来てくれるよ。

また、訪問入浴はチームで浴槽やホースを運んで回るので
体力も必要となります。

4)児童系(保育園、幼稚園、放課後デイサービスなど)

児童と関わる場所で働くお仕事では
急な児童の体調変化や怪我への対応、
児童だけでなく働く職員や家庭での
健康管理や衛生指導を担います。

看護業務だけではなく保育や発達について
学びを深めることができます。

夜勤があることはほとんどないですが
比較的給与は安めなことが多いです。

5)ツアーナース、添乗看護師

修学旅行や林間学校、社員旅行やバスツアーに同行し
急な利用者の体調変化や怪我への対応、
服薬管理を行います。

多くは単発で依頼されることが多く、
依頼先である学校や企業の意向に沿って
同じようにツアー体験などを回ったり
待機したりします。

宿泊であれば拘束時間は長いですが
一緒にプチ旅行気分を味わうことができます

添乗当日だけではなく
事前の打ち合わせなどが必要な場合もあります

6)医務室、救護室

大型スーパーやテーマパークなどで常駐している場合と
イベントごとで単発で依頼される場合があります。
こちらも急な利用者の体調変化や怪我への対応が
メインの業務内容となります。

毎日忙しく働くわけではないので
比較的落ち着いて仕事ができます
ほとんどの場合で医師はいないので
その場で対応し切れるか
受診や救急車の要請が必要かを
見分ける必要があります。

7)行政(保健所、保健センターなど)

法律や条例に基づいて
赤ちゃんへの訪問事業や検診をおこなったり
母子手帳の発行をしたりなどをします。

保健師の資格をもっている方は特に採用されやすいです。
給与はあまり高くありません
福利厚生の制度が充実しています

8)介護系(特養、デイサービスなど)

老年期の利用者さんを対象として
そこで生活する人や通所してくる方のの健康管理や医療行為の補助、
介護業務を行ったり、
地域や在宅で過ごせるための方法を
他職種とともに考えたりします。

施設形態によって給与や勤務時間は様々です。
医療技術として
あまり難しいものは少ない
です。

9)企業系(治験看護師など)

製薬会社や医療機器メーカーなど企業の中で
製品開発に関わったり
実際に使う現場(病院やクリニック)へ営業を行ったりします。

病院やクリニックでの業務経験を生かして働くことができ
またオフィス勤務で夜勤はないところが多く
出張、研修会は多いです。

10)学校系(看護学校や助産学校の教員、研究職)

教える側、また自身も学び続ける側の両方になりますが
机上で看護や助産と関わることもできます。

実務経験が3〜5年以上必要なことがほとんどで
授業や実習指導など、勤務時間外に必要な準備も多い
給与と勤務時間は様々です。

2.まとめ

まだまだ他にも看護師、助産師の必要な場所や
働いている場所はたくさんあります。
また、最近ではWワークという形で
この中のいくつかを
兼ねて働いている人も多くあります。

ただのれよママ
ただのれよママ
私も4つくらい兼ねて働いていたことがあります。それぞれ違ったやりがいがあって楽しいですよ!

仕事のやりがいと
プライベートのバランスの
どちらも大事にしながら
あなたらしく働ける場所を探してください。

看護師・助産師の転職に、転職サイトは使わない方がいい理由看護師・助産師の転職サイトって怪しい?実は使わない方がいい?そんな風に思っている方は必見!看護師・助産師の転職に、転職サイトは使わない方がいい理由をズバリお伝えします。...