出産・子育て

産後クライシスだった私と家族⑤

産後クライシスだった私と家族⑤

どこでも、誰でも、起こる可能性のある産後クライシス。
我が家の産後クライシスについてお話ししていきます。

産後クライシスだった私と家族④産後クライシスとか、私たちには関係ないよねっていう方、めちゃくちゃ危険です。産後クライシスに陥る可能性は誰にでもあります。そして、それはパートナーシップが大きく関わっています。百聞は一見にしかず。我が家の産後クライシスなお話を聞いて、反面教師にすることで、皆さんが夫婦の危機が訪れた時にうまく乗り切ってくださることを祈っています。...
ただのれよママ
ただのれよママ
ため込んで爆発が一番無意味だと、今ではわかってはおるんやけど。

突然の離れたい宣言

突然、離婚宣言とも取れる話を始める私に対して
最初は???だったれよパパですが
どうやら本気でなにやら思い詰めていると
感じたようで話し合うことになりました。

そこでやっと私は

・本当はもっと子どものことだけじゃない話がしたいこと
・育児と家事だけをしているのがつらいこと
・できていない家事を指摘しないのは
ありがたいけど、代わりにやってくれないと
結局は私がやらないといけないこと
・私だけの時間も欲しいこと
・外出するときに子どもを抱っこしてくれる時間もとって欲しいこと
などなど、書き切れないくらいたくさん・・・

をれよパパに伝えました。

正直なところ、話している自分自身でも
そんなに不満があったのか?と思うほど
些細な細かいことばかりで
何も今までためておく必要なかったことばかりでしたし
話しても話しても
解消されている気持ちになりませんでした。

「できてなかったことはごめん。
でも、言うてくれへんかったらわからんし
そんなに負担になってるなんて想像もしてなかった。」

れよパパも

・子どもの様子を積極的に聞くようにしてた
・育児や家事ができていないことは
育児をしていたら仕方ないから気にしないようにしてた
・れよママは家族で過ごす時間が好きだと思っていた
・れよパパに任せるより早かったり、任せるのが不安だからか
なんでもれよママがしてくれるから何もうまくならないし
差がどんどん開いていってる感じはしていた
などなど・・・

直接私に伝えることが
母親としての私のプライドを傷つけてしまうのかもしれないと
考えて、察しようと努力して、でもカラ回っていたことが
たくさんあることがわかりました。

結局私は自分だけが頑張っているような気持ちになっていること
そういう気持ちにさせてくる(←言い方w)れよパパに腹が立っていたのであって
もちろん本当は家族で過ごしていきたいということが
話をしている中で、明確になってきました。

そもそもが助産師・看護師だったので
技術としてできないことがあるわけでもないし
わからないことも少ないのかもしれない。

だけど、我が子の子育ては初めてで
24時間命を預かることの不安や感動を
同じ気持ちで過ごしていきたい
のに
「れよママの方が得意でしょ?」と
任されているような気持ちになっていたのが
すごく悲しかったことをあらためて、れよパパに伝えました。

れよパパも任せてしまっている部分が多かったことを謝罪してくれ
ここでやっと自分の気持ちにも納得でき
少し解消できた気持ちになりました。

このあとで、こんなことをしたら劇的に楽になった!!!
みたいなお話ができればいいのですが
残念なことにそうではなくて(泣)

「思ってることは怒らんと
ためんと早めに伝えるようにしよ」
以上w

簡単なことだけど、(今でもできてないことだけど)
結局怒って伝えても
言った方も何も解消されなければ
受けた方も嫌な気持ちになるだけで。

それなら「こんなふうに感じたので次からはこうしてほしい。」
と改善策をあげたり
「私はこういう風に感じているから手伝って欲しい」と
お願いしたり、そういうコミュニケーションが
もっともっとうまくとれるようにならないといけなかったんだと思います。

この爆発の一件以降は
れよパパも「なんかあった?」「どうしたらいい?」と
めちゃくちゃよく聞いてくれるようになりました。
(聞かんでも考えてやってよ!と
思ってしまうこともしばしばありますがw)

私自身も「ごめん、限界。なんもしたくないから
手抜きします。」と宣言することが
悪いことでないように感じられるようになりました。

あとは単に寝不足だったり
ホルモンバランスだったり
仕事してなかったことだったり
(産後3ヶ月ほどで働き出したので)
そういう産後クライシスになりやすい要因が
時間の経過とともに
少しずつ落ち着いてきたことで
産後クライシスも収束に向かっていった気がします。

産後クライシスにならないための
対応策はたくさんあると思いますが

きっと一番の対応策は
まずはそういう時期は必ず来るものと
心構えをしておくこと。
だと思います。

・産前から、産後の家族生活をイメージして
役割分担を具体的にしておくこと。
・産後は心身ともに普通じゃない状態だと理解して
お互いが積極的にコミュニケーションをとるようにすること。

完璧にできないこと、思っている通りに進まないことも
仕方ないよね〜と平気になって、
自分でできないことは誰かに任せられるようになれれば
産後の夫婦関係も、子育てもより楽に、楽しくなります。

産後クライシスは子育てをそんな風に乗り切るための
最初の試練なのかもしれないな〜と過ぎた今は感じます。

スッキリしない感じかもしれませんが
我が家の産後クライシスは
ゆっくり自然消滅して
これにて終了です。

次の我が家の話は
2人目の家族計画とかにしよ〜かな。
また、よその家の事情をのぞいてみて
自分とこはどうかな〜?と
なんかの役に立ててもらえると嬉しいです。