オススメ

安く引越ししたいならこの方法が一番!

安く引越ししたいならこの方法が一番!

面倒な引越し、お金のかかる引越し、
少しでも安く簡単に終わらせたい方が
ほとんどなのではないでしょうか。
何十回と引越ししてきた私が
簡単で安く抑えるコツをご紹介します。

ただのれよママ
ただのれよママ
人生で15回も引っ越ししてきたので、お役に立てると思います!
お伝えしたいことは・・・

1.安くするなら、自分で引越ししたら?
2.何から始める?いつから始める?
3.引越し業者の選び方

1.安くするなら、自分で引越ししたら?

1人暮らしで、大型家具や家電が少なくって(家具付の所に引っ越すとか)
すごく近所への引越しで手伝ってくれる人手と車が確保できる…
というのであればもちろん自分でする、
もしくは荷物を宅配便などで送るということも
できるんだろうなぁと思います。

私もかつてレ○パレスtoレオパ○スだった時で
友達に車とか軽トラ出してもらって自分らでやりました。

ただのれよママ
ただのれよママ
歩けるくらいの距離だったしね。

だけど、レンタカーを借りたり、友達にお礼をしたり、
運ぶための梱包の準備をしたり…としていくと
意外と出費が重なっていきます。

あと、見られても平気なように梱包しようとか
大事なもの壊されないかな、とか
友達だからこそ気を使うところも正直あったり。

荷物が少ないと引越し料金も安く上がるので
日にちや時間帯を上手く調整出来れば、
引越し業者に頼んでも大きく変わらない
ということもありますし、やはり相手はプロです!
素早さと、事故があった場合の保証が安心なので
私は基本的には
引越し業者さんへの依頼をオススメします。

2.何から始める?いつから始める?

新しい物件(引越し先)と大体の引越しの時期が決まれば
早めに引越し業者を検討することが大事!

というのは、引越し業者から梱包のための段ボールやガムテープ、
そして引越し時のアドバイスブックなどを貰えることが多いから
自分であれこれネットで探すよりも、
決めてしまったところとやり取りする方が格段に早いのです。

それから、早めに引越し業者さんを検討することで
日にちや時間の融通が自分自身も引越し業者さんもつくことが多いので、
希望する日にちや時間帯での契約がしやすかったり
1番安いところで…というような探し方もできます!

ただのれよママ
ただのれよママ
希望があってもなくても、早い方が結局安く済む!

ちなみに、私がよく利用していたのは平日のいつ来るのかわからない便(笑)
他の引越しが終わって、最後に回ってきてもらうため
いつになるかの時間はわからないけれど
その分安いっていうプランにしていました。
なので、荷ほどきは深夜になることもよくあったなぁ・・・

3.引越し業者の選び方

私は毎回相見積をとって、その中から検討していました。
それぞれの業者さんで、保証がしっかりしている分割高だったり、
ともかく安い!だったり売りがちがうんですよね。

梱包からやってくれるプランがあったり
女性だけで来てくれるところもありましたね。
一人暮らしの女性とかはそういうプランもいいですよね。

あと楽だったのは、シューズラックみたいなので
靴類は持っていってくれるから
靴の荷詰めは不要ってやつ。

本当、いろんなところがあるから
値段とサービスと自分にあったところと出会うためにも
絶対に相見積もりをおすすめします!!!

ちなみに私は引っ越し侍さんで相見積もりをお願いしました!

それから、必ず面倒でも訪問してもらって
見積もり作成してもらってください!

何階建てかとか、荷物の量などによって
かなり値段が変わりますので、ネットでのシュミレーションや
他の方の体験談との価格とかなり離れることも多いです。

登録後はそれぞれの引越し業者から電話やメールがあります。
大体訪問して見積もりを作ってもらうのには
1時間程度かかるので、お忙しい方は同じ日に何件か来てもらって
一気に比較して決定してしまうのも1つですね!!

それから、引越しは断捨離と固定費用見直しの大チャンス!!!
めんどくさいことは一気にやっちゃう方が
気持ちよく新生活を送れますので
不用品の買取や処分、新居での諸々の見直しは
絶対にこのタイミングで!!!

ちなみに私が使ったのはここです。
ECOクリーンさん
・自分で捨てていたら処分費用がかかったことを思えば
かなり得しました!



テキストポンさん
・もしかしたらまだ使うかも・・・は使いません(笑)
内容も古くなってしまいますしね。
厳選して、思い切って処分して
そのお金でまた新しい本を買えました!



光コラボ比較ナビさん
・この1回の手間でこれからずっと安く過ごせると思うと
めちゃくちゃ嬉しいです。
今使っている携帯のキャリアのことなども併せて
提案してもらえたのもありがたかったです。



引越しはワクワクと同時に、とっても出費がかさむかと思います。
少しでも引越し費用を安くあげて、新生活へ回せるようにしましょう。