出産・子育て

妊娠中の安静は本当に必要か?

妊娠中の安静は本当に必要か?

切迫流早産など、病院やクリニックで診断されて
実際に早産兆候があったり
出血がある場合を除けば
妊娠中に過剰に安静に過ごす必要はありません!

助産師れよママ
助産師れよママ
過度な安静は、体力低下の元ですよ!

妊娠初期は?

初期はつわりがある方が多いので
もちろん積極的に運動を勧めているわけではありません。
ただ、安静にしているだけではつわりが悪化する方も
中にはいます。
仕事に行っている間の方が
つわりが楽だったという経験がある方も
いるのではないでしょうか?

無理に安静にすることで
ストレスを感じる方は
普段通りに生活して問題ないです。
自分自身の感覚を大事に
心地よいと感じる生活をしましょう。

「これは大丈夫なのかな?」と
感じるような内容については
いったん控えて
専門家に確認してみましょうね。

助産師れよママ
助産師れよママ
普段通りのウォーキングや軽いヨガなど問題ないですよ

妊娠中期は?

比較的体調も安定してくることが多く
また胎動も感じることで
ご自身で赤ちゃんの様子を感じやすい時期になります。
なので、積極的に運動を取り入れて
マタニティライフを楽しみましょう。

特に<マタニティ>
名のつくような運動は出産や産後に向けても
意味のある運動が多いです。
ご自身の好みに合わせて
今までに取り組んだことのないようなものを
やってみるのも良いですし
今まで習慣的にしていた運動を
妊娠中でもできる範囲で行ってみるのも
良いかと思います。

また、例えばできる範囲で
積極的に運動を取り入れることもいいと思います。
・階段を使うようにする
・トイレは和式を選ぶようにする
・腹式呼吸を意識する
・体幹を意識しながら歩く、座る

隙間時間を使いながら
出産や産後のことを意識しながら
運動を取り入れたいですね。

妊娠後期は?

いよいよ出産が近づいてきて
お腹も大きく目立ってくるこの時期も
積極的に運動を取り入れていきましょう。

出産後の準備も含めて
お家のお掃除をする方も多いこの時期は
自分自身の力でお掃除をするのが
オススメです。

・窓を新聞紙でスクワットするように拭く
・床をバックするように雑巾がけする

産後は赤ちゃんとどんな生活をしようか・・・
どこに寝てもらう?
家事の分担はどうする?
そんな話をしながら
家族の方と一緒に運動をすることもいいですね。

それから、お腹が大きくなってくるので
ただ生活するだけでも意識するだけで十分な運動になります。
妊娠中期でもお伝えした
呼吸を意識すること、
体幹を意識した生活をすることを
大事にしていきましょう。

また、どの時期でもそうですが
運動を取り入れるのと同じだけ
積極的な休息を取り入れましょう。

産後は特にとても忙しく
自分で意識して休息を取れるかどうかは
無理をしないためにもとても重要です。
・入浴する
・ストレッチをする
・好きな音楽を聴く

自分がリラックスできることを
見直して、積極的に休息の時間を
作りましょう。

まとめ

「妊婦さんは安静に!」を信じすぎて
出産の時や産後に、
体力不足で辛い思いをしないように
自分の心地いい範囲で
動けるようにしていきましょうね!

そして、どの程度の運動が平気なのか
不安になった時は
ぜひ専門家に相談してくださいね!