出産・子育て

助産師ママが教える!赤ちゃんの服の種類と必要なもの

助産師ママが教える!赤ちゃんの服の種類と必要なもの

赤ちゃんの服を買いに行って思うこと第一位
「ちっちゃくてかわいい」
第二位
「種類が多すぎて何がちがうのか、必要なのかわからん」

と、いうことで今日は赤ちゃんの服の
それぞれの特徴や必要なものについて
お伝えしますね!

助産師れよママ
助産師れよママ
服の呼び名は時代と国でも変わるから、正直かなりややこしいです。
お伝えしたいことは・・・

1.赤ちゃんの服の種類:肌着シリーズ
1)短肌着
2)長肌着
3)コンビ肌着
4)ロンパースタイプ肌着、ボディスーツ型肌着、グレコ
①前開き式
紐、スナップ
②かぶり式

2.赤ちゃんの服の種類:ウェアシリーズ
1)ベビードレス
2)カバーオール、ロンパース
3)ドレスオール
4)2wayオール、コンビドレス

3.その他にも・・・

4.まとめ

ただのれよママ
ただのれよママ
いや、マジ多すぎる。これはムズイ。

1.赤ちゃんの服の種類:肌着シリーズ

肌着は赤ちゃんの素肌に直接触れるものなので
綿100%のものを選ぶなど素材選びも重要です。

また、よく間違えて着せている方が多いのですが
タグや縫い目は赤ちゃんの素肌に当たらないように
外側になるように着せるものがほとんどです。
注意して見てみてくださいね。

ただのれよママ
ただのれよママ
大人の服でいう、裏表反対状態にするのが正解!

1)短肌着


短肌着はすそ、丈の短い肌着で
打ち合わせといって
浴衣のようにひもを結んで止めて着させるスタイルのものです。
これだけで過ごすことは夏場とかだとあるけど
お腹の冷えが気になる方にはおすすめしませんので
まさに下着感覚で着させるものですね。
多くは半袖〜長袖になっていますが
ノースリーブのものもあります。

2)長肌着


長肌着短肌着のすそ、丈の長いもの
足が少し見える程度の長さがあります。

新生児のうちはまだまだ足を動かす力も弱く
ズレ上がってくることもないので
頻繁におむつ替えをしやすいように
お股のところは止めない
で過ごす方が楽です。
ですので家の中であれば
この2つを重ねて過ごすことが多いのが
新生児かと思います。

助産師れよママ
助産師れよママ
もちろん季節や室温にもよりますよ。あとで出てくるコンビ肌着でもいいしね。

ただどちらも下着なので
この2つだけだと見た目がかわいいものは
少ない
かもしれません。
イメージとしてはヒートテックとか、
エアリズムの類と思ってください。
(UNIQLOさん好きw)

3)コンビ肌着


コンビ肌着長肌着のすそにスナップがついていて
止めることで足が出るところを作れるもの
です。
こちらになると少しデザイン性のあるかわいいものも
あります。
柄付きヒートテックくらい?←しつこいw

赤ちゃんが少し足を動かすようになって
長肌着がはだけてしまう機会が増えてきたら
出番
になるかと思います。

また、長肌着の代わりに
短肌着+コンビ肌着をメインで
家着にされている方もいます。
オムツ替えの後など、スナップを止めずに過ごしている方が
多いのではないかと思いますが、
あまり足を活発に動かさない新生児のうちに
スナップを外しっぱなしにすると
外したスナップに赤ちゃんの肌が
触れっぱなしになって
傷ついたりすることがある
ので
注意してください。

4)ロンパースタイプ肌着、ボディスーツ型肌着、グレコ


この辺りから一気に難易度が上がります(笑)
商品やメーカーによって名称がちがいますが、
これらロンパースタイプ肌着、ボディスーツ型肌着、グレコ
全て同じスタイルのものを指します。
おむつが隠れるところまでの丈で
お股のところでスナップで止める、
太ももからは露出しているようなスタイルのもの
になります。
コンビ肌着だと足の動きを妨げるくらいに
ますます活発になってきた時からが
出番になるかと思います。

①前開き式

2種類あり肌着と同じようにひもで
浴衣のように止めるタイプのものと
スナップで正面もしくは横の方で止めるタイプがあります。

スナップが正面に来るタイプのものは
寝返りをしてズリバイ時期の赤ちゃんには
スナップが当たっていた部分の皮膚が
傷ついてしまう原因
になるので避けた方がいいです。
寝返り前、もしくはハイハイができるようになった時に
使う方がいいでしょう。

②かぶり式
お股のところ以外にスナップなどのないタイプのもの。
海外では新生児から着せることが主流なところも
多いようですが、着替えが面倒なのが難点。
腰がしっかりしてきてからの方が使いやすいです。

助産師れよママ
助産師れよママ
かぶり式だけど足から着せる方が簡単なことも多いので試してみて!
ただのれよママ
ただのれよママ
これにレッグウォーマーってスタイルが好きなんです。←ただの趣味



2.赤ちゃんの服の種類:ウェアシリーズ

ウェアはつなぎのようなものですので
デザイン性が一気に増えて、かわいいものが多くなります。
素材も様々なものがありますが
汚れることも多いので
あまり高価のものばかりにする必要はないです。

また、新生児期は外出の機会が少ないので
最初から小さいサイズをたくさん購入してしまうと
着ないままにサイズアウトしてしまうこともあるので注意!

1)ベビードレス、ドレスオール


ベビードレス、ドレスオール足先まで隠れるワンピーススタイルのものです。
足の動きがまだ未発達な新生児期に着せるものなので
あまり登場の機会はないと思います。
セレモニー用に1着あれば十分です。

2)カバーオール、ロンパース


カバーオール足首まであるウェアのことで
足元やお股のところの止め方は
スナップのものもチャック式のものもあります。
お出かけの時、しばらくはこのスタイルが多くなるのが
5〜6ヶ月位までかと思います。

助産師れよママ
助産師れよママ
外でのおむつ交換がしやすい服装です。ズボンやスカートはなれないうちは、外で着替えさせるのはむずかしいかもしれないですね。
ただのれよママ
ただのれよママ
ズリズリ動けるようになるとスナップ止める暇ないから、むしろ使わんくなるなぁ。

また、ロンパースは同じものですが、もう少し丈が短いものも含めていいます。

ただのれよママ
ただのれよママ
だから、肌着でもロンパース登場するのか。ややこしいな〜。

長袖、半袖、時々タンクトップ。
長丈、半丈もあります。
季節に合わせたものを準備してください。

足つき、ブーツ型のものもありますが
赤ちゃんは足裏で体温調節をしているので
寒そうだと思って着させると
体温がこもりすぎてしまう場合もあります。
特に睡眠時は注意してくださいね。

4)2wayオール、コンビドレス


2wayオール、コンビドレス
スナップやチャックと止め方次第で
ベビードレスにもカバーオールにもなるものです。

ただのれよママ
ただのれよママ
ドレスで使うことはあんまりないけど、止めるん慣れんうちは勝手にドレススタイルになったりするよ。



3.その他にも・・・

ズボンやスカートももちろんあります。
これらを着せるとぐっとファッション性が高くなりますが
おむつ交換の便利さや赤ちゃんの動きの発達を考えると
あまり早くから習慣的に着せる必要もないと思います。

はいはい、たっちごろから(8~10ヶ月くらいかな)が
メインで使う時期になってくるかと思いますが
ママやパパが着替えさせやすいタイプを選びましょう。

助産師れよママ
助産師れよママ
預け先によっては早い時期から肌着もウェアもセパレートタイプでお願いされることもあるみたいなので、生活スタイルによって買い足していってくださいね。

4.まとめ

聴き慣れない用語の多い、赤ちゃんの服の種類でしたが
必要なもの、必要な時期に合わせて
ちょうどいい枚数で準備しましょう。

それから、ついついかわいいのでたくさん買い込みがちですが
すぐにサイズアウトしてしまうことも
お忘れなく!!!